【社外】お詫び・謝罪メール

失言謝罪メール

社外お詫び・謝罪メール例文|ビジネスメール例文

こちらのページでは、日常取引先とビジネスをやり取りする中で起りがちな注文ミスや納期遅れ、また失言や失礼な対応をしてしまった際に使える、社外向けお詫びメール例文を紹介しています。
謝罪のシーンでは、お詫びする側の責任回避や対応の悪さで事態がますます悪化するケースも多くありがちですが、こちらに非がある場合は、迅速に謝罪・お詫びの言葉をお送りする必要があります。
また、直接的にこちらに落ち度がない場合でも、まずは状況を確認し、そうしたことが起ってしまった原因と今後の対応を適切に回答し、同じ過ちやミスを繰り返さないはっきりと意思表示するようにしましょう。

失言謝罪メール例文

件名:お打ち合わせの発言について

○○株式会社
営業部 部長 ○○様

平素よりお世話になっております。
○○株式会社・営業部の佐藤です。

本日は、お打ち合わせの折、
私の不用意な発言により、
○○様はじめ貴社の皆様にご迷惑をお掛けし、
大変申し訳ありませんでした。

貴社のご提案内容につきましては、
すでに両社間での決定事項であり、
最終段階のこの時期に
私個人の意見を述べるべきでは
ございませんでした。

上司からも厳しく叱責を受け
猛省しております。
今後、このようなことがないよう
肝に銘じてまいりますので、
何卒ご容赦くださいますよう
お願い申し上げます。

いずれ改めてご挨拶に伺いますが、
取り急ぎメールにてお詫び申し上げます。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。