資料が届かない時の再送付依頼

就職活動を始める第一歩、志望企業への「資料請求」。資料請求を怠るとその企業の採用活動に参加できなくなる可能性もあります。ここでは、採用担当者に資料の再送を依頼する「資料送付の再送依頼メール」例文を紹介しています。

就職活動において、就職を希望する企業への資料請求や説明会の問い合わせ、OB・OGへの連絡など、メールでやり取りすることが多くあります。
志望企業への最初のアプローチとなる資料請求メールの場合、おのずと文章自体の構成が評価ポイントとなってきます。
メール慣れしている就活生でも、普段友達と交わすメールとは違ったビジネスマナーやエチケットに戸惑うことが多いようです。
いつも通りの友達言葉や失礼な文章をメールにならないよう、こちらでしっかりとメールの基本を確認しておきましょう。
ここでは、志望企業へ資料請求の手配確認および再度送付依頼をお願いする時に使えるメール例文を紹介しています。

スポンサーサイト

資料が届かない時の再送付依頼メール例文

資料送付の確認・再送依頼メール例文1

件名:会社資料のご送付について【○○大学 佐藤太郎】

○○株式会社
人事部○○課
採用担当 ○○様

メールにて失礼いたします。
○○大学○○学部○○学科の佐藤太郎と申します。

○月○日、貴社の会社案内資料を請求させていただきましたが、
まだ手元に届いておりません。

インターネット上でのエントリーだったため、
私の入力した内容および送信方法にミスがあったのではと心配になり、
確認のメールをお送り致しました。

既に資料をお送りいただいたかどうか
ご確認いただければ幸いです。
また、まだの場合は、
発送がいつごろになるかお教えくださいませんでしょうか。

貴社のホームぺージで○○ビジョンに大変関心を持ち、
是非詳しく企業研究をさせていただきたいと思っておりますので、
何卒ご返答よろしくお願い申し上げます。

==============================
以下、署名サンプルページを参照

スポンサーサイト

資料送付の確認・再送依頼メール例文2

件名:就職活動のための資料送付のお願い・再【○○大学 佐藤太郎】

○○株式会社
人事部○○課
採用担当 ○○様

貴社、ますますご繁栄のことと存じます。

メールにて失礼いたします。
私は、○○大学○○学部を、
○○年○月に卒業予定の佐藤太郎と申します。

○月○日に、貴社宛にて
会社案内資料のご送付を
お願いする旨のメールをお送りしたのですが、
ご覧になっていただけましたでしょうか。
大変失礼と存じますが、確認のため連絡いたしました。

もし、メールが届いていないようでしたら、
つきましては、お忙しいところ大変恐縮でございますが、
貴社の資料をお送りいただけますでしょうか。

本メールと行き違いで送付いただいておりましたら、
申し訳ありません。

お手数をおかけしますが、
何卒よろしくお願い申し上げます。

==============================
以下、署名サンプルページを参照

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト