内定辞退の連絡

就職活動の最終段階となる内定通知。就活中の学生にとって内定通知はうれしいものですが、せっかくの内定も辞退する際は気が引けるものです。ここでは、そんな採用担当者に内定辞退を伝える時に使う「内定辞退の連絡メール」メール例文を紹介しています。

就職活動では、多くの就活生が複数企業に応募し選考試験に臨んでいるかと思います。
その弊害として発生するのが、学生にとっても企業にとっても悩みの種の一つ「内定辞退」。
厳しい就活に耐えて、晴れて希望の企業から内定を得られたとしても、内定希望先以外の企業をお断りするケースが出てきます。
内定辞退は、断る学生側も断られる企業側も気持ちの良い出来事ではありません。
後々に続く大学の後輩たちのためにも、断られる側の立場を考慮した誠実した対応が必要不可欠です。
いつも通りの友達言葉や失礼な文章をメールしないよう、ビジネスマナーを守ってこちらでしっかりとメールの基本を確認しておきましょう。
ここでは、採用担当者に内定辞退を伝える時に使えるメール例文を紹介しています。

スポンサーサイト

内定辞退の連絡メール例文

内定辞退メール例文1

件名:内定辞退のご連絡【○○大学・佐藤】

○○株式会社
人事部○○課
採用担当 ○○様

大変お世話になっております。
先日、貴社より内定のご連絡を賜りました
○○大学の佐藤太郎と申します。

大変心苦しいことですが、内定を辞退させていただきたく、
メールをお送りさせていただきました。

内定を賜った後に、私なりに貴社へ貢献できる事、そして
私が今後希望をする将来の姿について考えた結果です。

○○様、面接でお世話になった皆様方には
誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。
何卒ご了解をいただきたくお願い申し上げます。

末筆ながら
貴社のご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。

==============================
以下、署名サンプルページを参照

スポンサーサイト

内定辞退メール例文2

件名:採用内定辞退のお詫び

○○株式会社
人事部○○課
採用担当 ○○様

お世話になっております。
○○大学○○学部○○学科の佐藤太郎と申します。

この度は、内定のご連絡をいただきまして、
誠にありがとうございます。

実は、今回内定をいただいたにもかかわらず
大変心苦しいことですが、
入社を辞退させていただきたくご連絡申し上げました。
内定まで様々なお手数をお掛けした上、
このようなことになりましたこと、
大変申し訳ございません。

こちらの一方的な都合で恐縮ですが、
ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

今後の貴社のご発展を心よりお祈りいたします。

==============================
以下、署名サンプルページを参照

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト