面接辞退の連絡

就活において選考がある程度進んでくると面接段階に入ります。しかしながら、選考日程が他社と重なったり、止むを得ない理由で面接辞退を検討している就活生も多いのではないでしょうか?ここでは、そうした思いを採用担当者へ伝える時に使える「面接辞退の連絡メール」例文を紹介しています。

就職活動では、志望する企業への資料請求や会社説明会の問い合わせ、OB・OGへの連絡など、メールでやり取り場面が多くあります。
メールの場合、お互いの顔が見えないので、おのずと文章自体の構成も評価ポイントとなってきます。
面接の段階に入れば、他に希望していた企業の内定が決まったり、急に都合が悪くなったりして、やむをえない理由で面接を辞退するケースも発生します。
そうした場合、出席できないとはいえ、無断で辞退をするのは就活生として厳禁です。
いつも通りの友達言葉や失礼な文章をメールしないよう、こちらでしっかりとメールの基本を確認しておきましょう。
ここでは、そんな面接辞退時に採用担当者へ送る連絡メール例文を紹介しています。

スポンサーサイト

面接辞退の連絡メール例文

件名:面接辞退のご連絡【○○大学・佐藤太郎】

○○株式会社
人事部○○課
採用担当 ○○様

お世話になっております。
○月○日の○時から面接をお願いしております、
○○大学○○学部○○学科の佐藤太郎と申します。

大変心苦しいことですが、
この度の面接を辞退させていただきたく、
本日はご連絡を差し上げました。

お忙しい中、面接の時間等を設定していただいたにも関わらず、
このような形で辞退させていただくこととなり
申し訳ございません。

誠に身勝手ではございますが、
何卒お許しいただきたく、お願い申し上げます。

末筆ながら貴社のご発展と
社員皆様のご多幸をお祈りいたします。

==============================
以下、署名サンプルページを参照

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト