【社外】確認メール

【社外】確認メール

こちらでは、今すぐコピペで使える「社外向け 確認メール例文」を紹介しています。
ビジネスシーンでは、不明な点や不安な点があった時はすぐに相手に確認し、誤解や思い違いなどを未然に防ぐことが大切です。
メールで相手に確認してもらう際に、相手に労力をかけたり、時間を取らせてしまう場合には、「〜していただけますでしょうか」「恐縮ですが」など、少しでも印象を和らげるための表現を活用し、丁寧な表現を心がけましょう。
「メールが届いているかの確認メール」や「打ち合わせ日時の確認メール」、「依頼案件の現況確認メール」など、ビジネスメールテンプレートを活用して、業務の効率化を図りましょう。