【社外】確認メール

メールが届いているかの確認メール

社外確認メール例文|ビジネスメール例文

こちらのページでは、メールが届いているかの確認や、取引先との打ち合わせ日程などの事実確認に使える、社外向け確認メール例文を紹介しています。
ビジネスシーンでは、不明な点や不安な点があった時はすぐに相手に確認し、誤解や思い違いなどを未然に防ぐことが大切です。
メールで相手に確認してもらう際に、相手に労力をかけたり、時間を取らせてしまう場合には、恐縮している気持ちを伝えるために「〜していただけますでしょうか」「恐縮ですが」など、少しでも印象を和らげるための表現を活用し、丁寧な表現を心がけましょう。

メールが届いているかの確認メール例文1

件名:○月○日にお送りしたメールについて

○○株式会社
営業部 ○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○・営業部の佐藤です。

○月○日に、○○プロジェクトに関するお見積りを
お願いする旨のメールをお送りしたのですが、
ご覧いただきましたでしょうか。

もし、届いていないようでしたら、
お手数ですがご一報ください。
改めてお願いのメールをお送りいたします。

お忙しいところ、大変恐縮ではございますが、
ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

メールが届いているかの確認メール例文2

件名:進捗状況について教えてください

営業部 ○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○・営業部の佐藤です。

○月○日にお送りした
お打ち合わせ日程調整の件ですが、
その後、いかがでしょうか。

尚、大変お手数ですが
社内調整必要なため、
できれば○日までに
ご回答をいただけますと助かります。

ご多忙のところ恐縮ですが、
ご確認・ご回答のほど
よろしくお願い申し上げます。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。