【社外】お詫び・謝罪メール

部下の不手際お詫びメール

社外お詫び・謝罪メール例文|ビジネスメール例文

こちらのページでは、日頃ビジネスシーンで起りがちな部下のミスや手違いで、取引先や関係各所に迷惑をかけた時に送る、社外向けお詫びメール例文を紹介しています。
取引先とのトラブルは、お詫びする側の責任回避や対応の悪さで、事態が悪化してしまうケースも多いですが、こちらに非がある場合は、迅速に謝罪・お詫びの言葉をお送りする必要があります。
また、直接的にこちらに落ち度がない場合でも、まずは状況を確認し、そうしたことが起ってしまった原因と今後の対応を適切に回答し、同じ過ちやミスを繰り返さないようお詫びの気持ちを示すようにしましょう。

部下不手際のお詫びメール

件名:弊社社員の不手際のお詫び

○○ 様

平素は格別のお引き立てを賜り、
厚く御礼申し上げます。
株式会社○○の佐藤です。

さて、このたびは○○様に対し、
弊社○○が大変失礼な応対をいたしましたこと、
心よりお詫び申し上げます。

​また、私自身の部下への指導不足も一因であったと
深く反省しております。
大変申し訳ございませんでした。

​お客様への対応については厳しく指導しておりますが、
今回の件を受け更に徹底する必要があると痛感いたしました。

今後は二度とこのような事がないよう
社内管理体制の強化に努めてまいりますので、
何卒ご容赦くださいますよう
お願い申し上げます。

メールにて恐縮ですが、
お詫びかたがたご連絡申し上げます。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。