【社外】断り・辞退メール

欠席の連絡メール

社外断り・辞退メール例文|ビジネスメール例文

こちらのページでは、お得意様や取引相手からの業務依頼や各種お誘い、心遣いや気持ちに添えない場合に使う、断りビジネスメール例文を紹介しています。
ビジネスシーンで、取引先やお得意様からの仕事の依頼や誘いを断るには勇気がいりますが、断ることで相手との関係が気まずくならないように、言葉遣いには注意が必要です。
断りを伝える際には「ありがとうございます」などの感謝の言葉を書き記すことで、断りに対する印象を和らげます。
また、断りの理由は差し障りのないものでも構いませんが、断る意思表示はあいまいにせず、はっきりと相手側に伝えることが大切です。

欠席の連絡メール例文

件名:記念祝賀会欠席のご連絡

○○株式会社
営業部 ○○様

平素より、大変お世話になっております。
株式会社○○・営業部の佐藤です。

以前よりご案内いただいておりました
記念祝賀会の件ですが、
弊社担当の代役として急な出張予定が入り、
誠に残念ですが、欠席させていただきたいと存じます。
大変申し訳ありません。

今後このような機会がありましたら
ぜひとも参加したいと思いますので、
またの誘いを心よりお待ちしております。

メールにて恐縮ですが、
ご盛会を心よりお祈り申し上げますとともに
取り急ぎお詫びとご連絡を申し上げます。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

ビジネスメール例文