【社外】断り・辞退メール

新規取引依頼のお断りメール

社外断り・辞退メール例文|ビジネスメール例文

こちらのページでは、取引先からの急な仕事の依頼や新規案件依頼、心遣いや気持ちに添えない場合に使う、断り・辞退ビジネスメール例文を紹介しています。
ビジネスシーンで、取引先やお得意様からの仕事の依頼や誘いを断るには勇気がいりますが、断ることで相手との関係が気まずくならないように、言葉遣いには注意が必要です。
断りを伝える際には「ありがとうございます」などの感謝の言葉を書き記すことで、断りに対する印象を和らげます。
また、断りの理由は差し障りのないものでも構いませんが、断る意思表示はあいまいにせず、はっきりと相手側に伝えることが大切です。

新規取引依頼のお断りのメール例文

件名:新規取引のお申し入れについて

○○株式会社
営業部 ○○様

株式会社○○の佐藤でございます。

この度は、新規取引のお話をいただき、
誠にありがとうございます。

弊社にとりましては、願ってもないお話でございましたが
今回は誠に残念ではございますが、
貴社とのお取引を見合わせたく存じます。

弊社では現在、販売経路の見直しを図っておりまして、
少しずつ経営の縮小化を図っていたところでございます。

せっかくお話をいただきましたのに、誠に申し訳ございません。
何卒、ご賢察いただき、ご容赦賜りたく、
よろしくお願い申し上げます。

メールにて恐縮ですが、
取り急ぎお詫びかたがたお返事申し上げます。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

ビジネスメール例文