【社外】お礼メール

名刺交換のお礼2メール

社外お礼メール例文|ビジネスメール文例

こちらのページでは、取引先などから飲食をご馳走になったり、ゴルフや仕事のお世話になった場合のお礼メールの文例を紹介しています。
本来であれば、電話やお手紙で気持ちを伝えるのがマナーですが、スピードが求められるビジネスの世界においては、よほどフォーマルなお付き合いでない限り、メールでお礼の気持ちをお伝えしても差し支えないかと思います。
メールを利用する際は、自分の言葉を付け加えたものを3日以内に送信し、感謝の気持ちが少しでも早く伝わる努力を怠らないようにしましょう。

名刺交換のお礼のメール例文2

件名:名刺をいただき、ありがとうございました。

○○株式会社
広報部 ○○様

メールにて失礼いたします。
先日の経営セミナーにて名刺を頂戴しました、
株式会社○○・営業部の佐藤です。

先日は名刺をいただき、ありがとうございます。
あいにく当方の名刺を切らしており、
大変失礼いたしました。
改めてごあいさつをと思い、
メールをお送りする次第です。

当方、○○に事務所を設け
女性をターゲットにした美容製品の開発や
オンラインでの健康商品の販売を行っております。

御社内でも美容関連商品に興味をお持ちと聞き
弊社が取り扱っている各種商品を
ぜひ、ご提案できればと思っております。

これをご縁に、今後とも
何卒、お付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

取り急ぎ、御挨拶申し上げます。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

ビジネスメール例文