打ち合わせ同行お礼メール

上司や先輩から仕事でお世話になった時に使える「社内向けお礼メール」。ここでは、担当する取引先との打ち合わせに同行してもらった感謝の気持ちを伝える「打ち合わせ同行お礼メール」例文を紹介しています。

こちらのページでは、上司や先輩から仕事のアドバイスを頂いたり、打ち合わせ同行など仕事でお世話になった時に使える社内向けお礼メール例文を紹介しています。
社内メールでお礼の気持ちを伝える際は、自分の言葉を付け加えたものを翌日には送信し、感謝の気持ちが少しでも早く伝わる努力を怠らないようにしましょう。
また、メールの内容は、誘っていただいたお礼の気持ちや歓談内容の感想、サポートや助言に対する感謝の意を、自分の言葉で工夫して表現し、これからも力添えや助言をお願いしたいことを伝えます。
簡単な文章でも、相手に対して早めに感謝や敬意を示しておくことで、その後の関係性をスムーズなものにし、誠意も伝わりやすくなります。

スポンサーサイト

打ち合わせ同行お礼メール例文

件名:打ち合わせ同行のお礼

営業企画部
○○マネージャー

おつかれさまです、
営業一課・佐藤です。

昨日は、○○社への提案の件、
ご同行いただきありがとうございました。

私だけではできない
プラスアルファの提案をしていただき
心強く大変助かりました。

先方からの最終的な回答は来週とのことですが
担当者様からはお褒めの言葉をいただきました。

結果は追ってご連絡いたします。
取り急ぎ、お礼かたがたご報告まで。
引き続きよろしくお願いいたします。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト