解約

取引先からの仕事や業務の依頼や、ビジネスにおける様々な契約・サービスを解約する時に使える、断りビジネスメール。ここでは、取引先との契約を解除する際に送る「解約メール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、取引先からの仕事の依頼を断る時や、相手先企業との契約を解約する時に使える、断りビジネスメール例文を紹介しています。
クライアントからの無理な依頼や契約解除を伝える業務は、断ることで相手との関係が気まずくならないように、メール文章には注意が必要です。
断りを伝える際には「ありがとうございます」や「残念ながら」など、感謝や止むを得ない事情を表現することで、断りに対する印象を和らげます。
また、断りの理由は差し障りのないものでも構いませんが、どうしても相手の気持ちに応えることができない旨を記し、断る意思表示ははっきりと相手側に伝えることが重要です。

解約メール例文

スポンサーサイト

件名:今後のお取引について

○○株式会社
販売促進部 ○○様

いつもお世話になっております。
○○株式会社の総務部・佐藤です。

さて、これまで貴社と年間契約しておりました
○○の件ですが
この度社内業務全般の見直しを行った結果、
誠に残念ではございますが、
次回の契約更新を見送る運びとなりました。

弊社の事情により勝手を申し上げますが、
どうかお察しいただければ幸いです。

つきましては、
契約終了に際し、必要な書類がありましたら
ご送付願います。

またご縁がありましたら、
その節はよろしくお願いいたします。

末筆ながら、今後とも貴社の益々のご発展を
心よりお祈り申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト