病気休職

産休や育児休暇をはじめ、うつ病などで長期休職となった際に使える、社外向けの休職案内メール。ここでは、取引先へ送る病気休職メール例文を紹介します。

こちらのページでは、近年取得される方が増えつつある産休や育児休暇をはじめ、長期休職時などに使える、社外向けの休職案内メール例文を紹介しています。
長期で仕事を休む場合、相手が気になるのは、担当者が休業した後の業務の引き継ぎや体制です。
実務面で、休業後も支障がないことを説明しておき、休職後の対応もあるので、いつから休職するのかは必ず知らせておきます。
また、産休や育児休暇後、復帰することが決まっている場合は、長期休暇の理由をきちんと知らせておくと、関係性を保ちやすく、休職もスムーズに移っていけることでしょう。
休職理由をどこまで知らせるかは、相手とのかかわり具合で変わってくる部分もありますが、先々の業務の見通しや職場の上司ともよく相談し、臨機応変に対応していきましょう。

病気休職メール例文

スポンサーサイト

件名:休職のお知らせ

○○株式会社
営業部 ○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○の佐藤です。

さて、私事で大変恐縮ですが、
○○月○○日より、病気療養のため
長期休職させていただくこととなりました。

休職期間中の業務につきましては、
私に代わり、○○が引き継がせていただきますので、
ご連絡は下記までお願い致します。

—————————————————————-
営業二課・○○ ○○
E-mail:xxxx@xxxxxx.co.jp
電話:xxxx-xxxx-xxxx
—————————————————————-

尚、最終出社日は○○月○○日(○)の予定です。
残りわずかではございますが
現在進行中の案件で何かございましたら
ご遠慮なくお申し付けください。

本来なら、直接お伺いしてご挨拶すべきところ
メールにてお伝えする失礼をお許しください。

休職中にご迷惑をお掛けすることのないよう
十分に配慮致しますので、
今後とも変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。