打ち合わせ断り

ビジネスシーンでは、依頼するよりも断る時の方が何倍も気を遣うもの。ここでは、取引先からの打ち合わせ依頼を多忙で断るメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、相手からの仕事の依頼や各種問い合わせ、心遣いや気持ちに添えない場合に使う、断り・辞退メール例文を紹介しています。
依頼や誘いを断るには勇気がいりますが、断ることで相手との関係がまずくならないように、言葉遣いには注意が必要です。
断りを伝える際には「ありがとうございます」などの感謝の言葉を書き記すことで、断りに対する印象を和らげます。
また、断りの理由は差し障りのないものでも構いませんが、断る意思表示はあいまいにせず、はっきりと相手側に伝えることが大切です。

打ち合わせ断りメール例文

スポンサーサイト

件名:○月○日の打ち合わせの件について

○○株式会社
営業企画部 課長 ○○様

平素よりお世話になっております。
○○株式会社・営業部の佐藤です。

さて、この度ご連絡をいただきました
お打ち合わせの件、
誠に申し訳ございませんが、
現在、都合がつかない状況です。

進行中の案件が、
思いのほか手間取っており、
先々の予定が立てづらい状況となっております。

つきましては、来月初旬に改めて、
こちらから○○様のご都合を
お聞かせいただければ幸いです。

身勝手なお願いとは承知しておりますが
何卒、ご理解いただきますよう
よろしくお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト