社内メール例文

上司への謝罪メール

社内お詫び・謝罪メール例文|ビジネスメール例文

こちらのページでは、業務内容の認識不足で起こる自分の失敗や部下の失態などにより、取引先や上司に迷惑をかけたことに対して使える、社内向けの謝罪・お詫びメール例文を紹介しています。
ややもすると、謝罪する側の責任回避や対応の悪さでトラブルによるダメージが増幅するケースも多くみられますが、こちらに非がある場合は、迅速に謝罪・お詫びの言葉を送る必要があります。
また、直接的にこちらに落ち度がない場合でも、まずは状況を確認し、そうしたことが起ってしまった原因と今後の対応を適切に上司や関係部署に報告することを心がけましょう。
上司への謝罪メールでは、より正確で迅速な対応結果の報告が必要となります。
小さなミスが大ごとに発展しないよう、早め早めの対応で難局を乗り越えていくことが出世への近道です。

上司への謝罪メール例文

件名:本日はご対応ありがとうございました。

営業開発部
○○ 統括部長

このたびは、○○の件につきまして
私の対応が不十分で
大変ご迷惑をおかけしました。

幸い、先方も謝罪を受け入れてくださり
最小限のダメージにおさえることができました。
お心遣い本当にありがとうございました。

今後、このようなミスを繰り返さぬように、
細心の注意を払ってまいります。
誠に申し訳ございませんでした。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

ビジネスメール例文