お見舞いの定型フレーズ

お見舞いメールフレーズ

お見舞いのメールフレーズ|書き出しの挨拶・結びの言葉・時候の挨拶

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使えるお見舞いのメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスシーンで、お世話になっている方が病気やケガで入院された時や、地震や台風などの災害遭われた時に送るお見舞いメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

お見舞いの定型フレーズ

★心よりお見舞い申し上げます。
この度の台風によりご被害がありましたこと、心よりお見舞い申し上げます。
★謹んでお見舞い申し上げます。
この度の大規模火災、謹んでお見舞い申し上げます。
★お慰めの言葉もありません。
思いがけない災難でさぞやお心細い思いをされたことと、お慰めの言葉もありません。
★ご同情申し上げます。
この度は思いもよらぬ災害に遭われ、心よりご心配ご同情申し上げます。
★大変心配しております。
今回の大雨に際し、甚大な被害が出ているとの報道、大変心配しております。
★〜はいかがと、一同案じております。
貴社周辺を襲った台風の被害を知り、関係の皆様方のご安否はいかがと、一同案じております。
★〜はいかがでしょうか。心よりご案じ申し上げております。
貴工場ならびに従業員の皆様方はいかがでしょうか。心よりご案じ申し上げております。
★〜とのことで、大変心配しております。
かなり大きな地震で震源地は貴社の地元であるとのことで、大変心配しております。
★大変驚いております。
貴社周辺で○○が発生したと聞き、大変驚いております。
★只々、驚くばかりです。
日を追って明らかになる事業被害の大きさに、只々驚くばかりです。
★ご心痛のほどお察しいたします。
今回の事故においてはあまりに突然な出来事で、貴社ご一同様のご心痛のほどお察しいたします。
★何かとご苦労のことと、拝察いたします。
○○に携わる皆様におかれましては、何かとご苦労の多かったことと拝察申し上げます。
★この際、十分に静養をなさって
この際、十分に静養をなさって、一日も早いく回復されることを心よりお祈りいたします。
★ここしばらくは加療に専念され
ここしばらくは加療に専念され、一日も早く現場に復帰なさいますますようお祈り申し上げます。
★一日も早くご回復をお祈り申し上げます。
この際、じっくりとご養生に励まれ、一日も早くご回復をお祈り申し上げます。
★一日も早く全快されますよう、お祈り申し上げます。
何卒、十分にご療養の上、一日も早く全快されますよう、お祈り申し上げます。
★一日も早い復旧に向けて
一日も早い復旧に向けて、被害を受けられた皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。
★一日も早いご復旧をお祈り申し上げます。
この度の災害による被害のお見舞いを申し上げますと共に、一日も早いご復旧をお祈り申し上げます。
★一日も早く現場に復帰なさることを願っております。
どうか治療に専念され、一日も早く現場に復帰なさることを願っております。
★ご自愛のほどお祈りしております。
くれぐれもご無理をなさいませんよう、ご自愛のほどお祈りしております。
★取り急ぎお見舞いまで。
一日も早いご回復をお祈りしております。 取り急ぎお見舞いまで。
★まずは、取り急ぎお見舞い申し上げます。
早いご全快を心よりお祈り申し上げております。まずは、取り急ぎお見舞い申し上げます。
★取り急ぎ安否のお尋ねで、ご連絡いたしました。
取り急ぎ安否のお尋ねで、ご連絡いたしました。誠に恐縮ですが、ご一報いただければありがたく存じます。