【社外】暑中・残暑見舞い等メール

暑中お見舞いのご案内メール

社外暑中・残暑見舞い等メール例文|ビジネスメール例文

暑中・残暑見舞いは親族・知人などの健康を気遣う趣旨のあいさつですが、近年はビジネスメール等で簡素化されたものも増えてきています。ここでは、そうした暑中見舞いに使える暑中お見舞いのご案内メール例文を紹介しています。
「暑中お見舞い申し上げます」という季節文言も、本文の冒頭に使うことで季節感を与え、ご無沙汰している相手への連絡の口実にもなります。
また、改まって暑中見舞いや残暑見舞いを目的としたメールを送ることはなくても、通常の用件に暑中見舞い・残暑見舞いのフレーズを添えて、相手を気遣う気持ちを伝えると好印象を与えます。
この機会に、日頃お世話になっている方へ、近況報告とごあいさつを兼ねて暑中見舞いメールを送ってみてはいかがでしょうか。

暑中お見舞いのご案内メール例文

件名:暑中お見舞い申し上げます。

○○株式会社
営業部 ○○様

暑中お見舞い申し上げます。

先日は、お忙しい中、
お時間を割いていただきありがとうございました。
その後の○○のご検討状況はいかがでしょうか?
もし何かご不明な点などございましたら、
いつでもお問い合わせ下さい。

今後もより一層のサービス向上を目指し、
一層励んでいく所存でございますので、
引き続き、ご愛顧の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

暑さ厳しき折柄、ご自愛下さいませ。
略儀ながらメールにてご挨拶申し上げます。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。