【社内】お悔やみメール

上司への訃報返信メール

社内お悔やみメール例文|ビジネスメール例文

こちらのページでは、職場の上司や同僚など、社内の身内等の訃報に際し、通夜や葬儀に参列できない時や、お悔やみの気持ちを伝える時に送るお悔やみメール例文を紹介しています。
一般的にお悔やみの挨拶は、メールで送るものではありませんが、後から人づてに知らせを聞いたときや、社内で訃報を知らせる時などは、取り急ぎメールでお悔やみを述べても失礼にあたりません。
お悔やみメールを送る際は、お亡くなりになった事情には深入りせず、お悔やみの気持ちや相手の体調をいたわる文言を入れて簡潔に伝えるのがベターです。
上司・部下・関係各位それぞれの立場で、ご遺族の心情を気づかって送ることを心がけましょう。

上司への訃報返信メール1

件名:お悔やみ申し上げます 佐藤より

このたびは逝去の報に接し、
謹んでお悔やみ申しあげますとともに、
心からご冥福をお祈りいたします。

悲しみは尽きないと思いますが、
お力落とされませんようご自愛ください。

略儀ながらメールにて失礼いたします。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

上司への訃報返信メール2

件名:お悔やみ申し上げます 佐藤

営業部 ○○部長

この度は、ご身内に不幸があったとのこと、
心からお悔やみ申し上げます。

お力落としのことと思いますが
どうかご自愛ください。
故人の安らかなるご永眠をお祈りいたします。

==============================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

ビジネスメール例文