退職社内メール

社内各部署に退職を伝える「退職メール」。忘れがちな退職挨拶も最後だからこそしっかり伝えておきたいもの。ここでは、社員へ退職挨拶する「退職メール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、社内の関係部署に退職を伝える、転職・退職メール例文を紹介しています。
転職・退職メールでは、転職・退職のあいさつに加え、自分が職場を去った後の対応や連絡先を相手にきちんと知らせることも重要です。
退職のあいさつはBCC等で一斉送信するより、宛名を個別にし、それぞれの相手にメッセージをひと言添えると印象も変わってきます。
送信する際の手間はありますが、相手への感謝やもらった側の気持ちを考えた姿勢を大切にしましょう。
また、転職や退職メールは、あくまでも略儀なので、上司やお世話になった方へは直接あいさつに伺うことも忘れずに行いましょう。

退職挨拶メール例文

スポンサーサイト

件名:退職のご挨拶

○○部各位

お疲れさまです。
営業一課の佐藤です。

この度、一身上の都合により
○月末をもちまして退職することになり、
本日が最終出社日となりました。

在職中は、公私にわたり大変お世話になりました。
皆様から温かい叱咤激励のお言葉をかけていただき、
本当に感謝しています。
これまでに教わったことを忘れずに、
今後の人生に活かしていきたいと思います。

末筆になりますが、皆様の益々のご活躍並びにご発展を
心よりお祈りしております。
本来なら直接皆様にご挨拶をすべきところ、
メールでのご挨拶にて失礼いたします。
ありがとうございました。

※業務は、○○へ引き継いでおります。
 何かありましたら、下記までご連絡ください。
 E-mail:xxxxxx@xxxxx.co.jp

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト