催促・督促の定型フレーズ2

送金や納品など相手の思い違いや行き違いが発生した時に送る催促・督促メールフレーズを紹介。相手を責める前に、相手に気づかせるような文面を心がけましょう。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使える催促・督促のメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスで催促・督促のシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

催促・督促の定型フレーズ2

スポンサーサイト

★なんら連絡がありません。
改修工事の件ですが、着工予定の○月○日を過ぎましても、なんら連絡がありません。
★ご連絡もいただけないまま
○月○日には納品いただけるとのお話でしたが、その後、ご連絡もいただけないまま、本日に至っております。
★その後ご連絡もいただいておりません。
再三にわたりご請求申し上げておりますが、本日現在、その後ご連絡もいただいておりません。
★大変困惑いたしております。
○月○日付で貴社より届きました取引停止の通知を拝読し、大変困惑いたしております。
★苦慮している次第です。
大口取引先の倒産により、売掛金の回収が困難になり、資金繰りに苦慮している次第です。
★支障をきたしかねません。
イニシャルコストが想定以上に嵩み、導入計画に支障をきたしかねません。
★支障をきたしております。
商品がまだ到着しておらず、事業活動に多大な支障をきたしております。
★至急の連絡を、メールにて願います。
事情をご理解いただき、至急の連絡を、メールにて願います。
★○日必着にて、〜くださるようお願い申し上げます。
○月○日当社必着にて、お送りくださいますようお願い申し上げます。
★確実なところのご返事を、至急いただきたく存じます。
○○の件、確実なところのご返事を、至急いただきたく存じます。
★誠意ある対応をしていただきますよう
今後は、この様なことのないよう、誠意ある対応をしていただきますようお願い申し上げます。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト