反省の定型フレーズ1

こちらのミスや不手際が発生した際にに利用できる反省メールフレーズを紹介。不始末に対するお詫びの気持ちと今後の対応を十分に伝えて送りましょう。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使える反省のメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスで反省のシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

反省の定型フレーズ1

スポンサーサイト

★今後はこのような不注意のないよう
今後はこのような不注意のないよう、万全の管理に努める所存です。
★今後はこのような不手際のないよう
今後はこのような不手際のないよう、十分に注意してまいります。
★今後はこのような不祥事を起こさぬよう
今後はこのような不祥事を起こさぬよう、襟元を正し、その責務を全うしてまいります。
★今後はこのようなことのないよう
今後はこのようなことのないよう、心して業務に取り組む旨、社員一同に徹底してまいります。
★厳重に注意いたします。
再びこのようなご迷惑をかけることのないよう、担当者には厳重に注意いたします。
★〜の徹底を図ります。
今後はこのようなことのないよう、 社員一同気を引き締めて、出荷確認作業の徹底を図ります。
★〜に周知徹底させます。
今後はこのようなことのないよう、遅延防止のための解決方法を従業員に周知徹底させます。
★繰り返さぬよう誓います。
今後、決してこのような失態を繰り返さぬよう、堅く誓います。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。