移転の定型フレーズ1

業務拡張や事業集約で実施される移転を知らせる移転メールフレーズを紹介。新しい連絡先と共に今後の事業展開においても触れておきましょう。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使える移転のメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスで移転のシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

移転の定型フレーズ1

スポンサーサイト

★下記へ移転いたしました。
弊社は○月○日から下記に移転しました。
★下記に移転することになりましたので、ご案内申し上げます。
この度、弊社の事務所が、下記に移転することになりましたので、ご案内申し上げます。
★下記へ移転する運びとなりました。
弊社の○○営業所を、下記へ移転する運びとなりました。
★下記の通り、移転・営業の運びとなりました。
お陰様をもちましてこのほど完成を迎え、下記の通り、移転・営業の運びとなりました。
★業務拡大に伴い
業務拡大に伴い、本社機能の一部移転を行いました。
★業務の効率化のため
業務の効率化のため、部署間のシステム統合を実施する運びとなりました。
★これまでの〜では手狭となり
これまでの社屋では手狭となり、これを機に移転することと相成りました。
★皆様のご不便を解消するため
皆様のご不便を解消するため、回線工事を○月○日に実施する運びとなりました。
★近くにお越しの節には、ぜひお立ち寄りください。
尚、近くにお越しの節には、ぜひお立ち寄りください。お待ちいたしております。
★これまで以上にお立ち寄りくださいますよう、お願い申し上げます。
どうぞ、これまで以上にお立ち寄りくださいますよう、お願い申し上げます。
★ぜひ一度、足をお運びください。
ご相談はいつでもお受けしていますので、ぜひ一度、足をお運びください。
★ぜひ、お訪ねください。
具体的にご説明いたしますので、お時間のある時に、ぜひ、お訪ねください。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。