断り・辞退の定型フレーズ3

仕事の依頼や飲み会の誘いなど、相手の気持ちに添えない場合に使う、断り・辞退メールフレーズを紹介。断る意思表示は曖昧にせず、明確に伝えることが大切です。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使える断り・辞退のメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスで断り・辞退のシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

断り・辞退の定型フレーズ3

スポンサーサイト

★残念ながら
せっかくご招待いただきましたが、残念ながら今回は見合わせざるを得ません。
★誠に残念ではございますが
今回は、誠に残念ではございますが、欠席させていただきます。
★誠に不本意ながら
誠に不本意ながら、販売中止に至った次第でございます。
★申し訳ございませんが
誠に申し訳ございませんが、ご注文された商品の納品が大変困難になってしまいました。
★事情をお察しいただき
当方の事情をお察しいただき、何卒ご猶予を下さいますようお願い申し上げます。
★事情をご推察の上
ご不便をお掛け致しますが、諸般の事情をご推察の上、ご了承下さいますようお願い申し上げます。
★事情をご賢察賜り
ご利用者におかれましては、諸事情をご賢察賜り、ご協力を引き続きお願い申し上げます。
★事情をお汲み取りいただき
このような事情をお汲み取りいただき、ご承諾いただけますようお願いいたします。
★お力になれず
今回は、お力になれず大変心苦しいのですが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。