お詫びの定型フレーズ5

日々の業務の中で起りがちな調整ミスや段取りの手違い、クレーム対応など様々な場面で使えるお詫びメールフレーズを紹介。迅速に謝罪の言葉をお送りする必要があります。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使えるお詫びのメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスでお詫びのシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

お詫びの定型フレーズ5

スポンサーサイト

★考えが及ばず
○○様の状況に考えが及ばず、不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございませんでした。
★気が回らず
商品タイプまで気が回らず、大変ご迷惑おかけしました。
★不行き届きで
この度の件、管理不行き届きで、誠に申し訳ございません。
★〜の至らなさで
この度は、私どもの至らなさで、大変不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。
★お許しください。
ご連絡が遅くなってしまったこと、どうかお許しください。
★ご勘弁願います。
費用の関係で場所が限られるためと、何卒ご勘弁願います。
★ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
事情をご了承の上、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
★ご寛容くださいますよう
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご寛容くださいますようお願い申し上げます。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。