依頼・お願いの定型フレーズ2

日程の変更や発注内容の修正ほか、案件内容の変更などに使える依頼メールフレーズを紹介。自分の都合より相手の都合を優先させ、丁寧な対応を心がけましょう。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使える依頼・お願いのメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスで依頼・お願いのシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

依頼の定型フレーズ2

スポンサーサイト

★誠に恐れながら
誠に恐れながら、手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
★誠に厚かましいお願いですが
誠に厚かましいお願いですが、お受けいただけると幸いです。
★誠に申しかねますが
誠に申しかねますが、取引条件を緩和していただきたくお願い申し上げます。
★誠に申し上げにくいことですが
誠に申し上げにくいことですが、納品日を遅らせることはできないでしょうか。
★ご無理を承知で申し上げますが
ご無理を承知で申し上げますが、納期を前倒ししていただけると幸いです。
★誠に勝手なお願いで
誠に勝手なお願いで申し訳ございませんが、ご対応よろしくお願いいたします。
★はなはだ勝手ながら
はなはだ勝手ながら、注文内容を変更いたしたくお願い申し上げます。
★心苦しいお願いで
心苦しいお願いで恐縮ではありますが、ご検討くださいますようお願い申し上げます。
★ご迷惑も顧みずのお願いで
ご迷惑も顧みずのお願いで申し訳ありませんが、またご報告させていただければと考えております。
★急なお願いで
急なお願いで恐縮ですが、明日○○時までにご来社いただければと思います。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト