病気のお見舞い

病気やケガで入院された方や災害時に送るお見舞いメール。こちらのページでは、取引先の担当者が病気療養だった際に送るお見舞いメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、病気やケガで入院された方や地震や台風、洪水や土砂崩れなどの災害時に送るお見舞いメール例文を紹介しています。
一般的にお見舞いの言葉は、手紙で書くことが一般的ですが、今ではメールで簡略化したメッセージを送ることも増えてきました。こちらでは、事故や病気で入退院した際のお見舞いメールを紹介しています。
お見舞いメールでは、長々と書くことはせず、相手を心配する気持ちを伝えることと、安否を気遣うことが重要です。
また、大事に至らない小さな事故や病気についても、ひと言お見舞いの言葉を述べておくと、相手に対する思いや気遣いを伝えることができます。相手との距離感を縮める際にも効果的です。

病気のお見舞いのメール例文

スポンサーサイト

件名:お見舞い申し上げます

○○株式会社
営業部 ○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○・営業部の佐藤です。

本日、貴社○○様よりお聞きしましたところ、
ご自宅でご療養中と伺い、大変驚いております。

その後お加減はいかがでございましょうか。
心よりお見舞い申し上げます。

どうぞ、しばらくは体をゆっくりお休めになり、
一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

心ばかりのお見舞いの品をお送りいたしました。
どうぞお納めくださいませ。

また、このメールにお返事は不要ですので、
お気遣いをなさいませんように
お願い申し上げます。

メールにて恐縮ですが、
取り急ぎ、お見舞い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。