採用・不採用の定型フレーズ

採用・不採用メールフレーズ2

採用・不採用のメールフレーズ|書き出しの挨拶・結びの言葉・時候の挨拶

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使える採用・不採用のメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスで採用・不採用のシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

採用・不採用の定型フレーズ2

★多数の中から弊社をお選びいただきましたのに
多数の中から弊社をお選びいただきましたのに、ご期待に添えず誠に申し訳ありません。
★わざわざおいでいただきながら
わざわざおいでいただきながら、誠に不本意な結論ではございますが、悪しからずご了承ください。
★何度もご足労をおかけしながら
これまで何度もご足労をおかけしながら、誠に申し訳ございません。
★応募者多数のため
応募者多数のため、残念ながら不採用となりましたのでご連絡申し上げます。
★何分にも採用人員が少ないため
何分にも採用人員が少ないため、悪しからずご了承くださいますようお願い申し上げます
★予想を上回る応募があり
今回は予想を上回る応募があり、弊社といたしましても大変苦慮した上での決定でございます。
★今回はご縁がなかったものとして
残念ながら、今回はご縁が無かったものとして事情をご賢察の上、ご了承をお願い申し上げます。
★悪しからずご了承くださいますようお願い申し上げます。
誠に不本意な結果かと存じますが、悪しからずご了承くださいますようお願い申し上げます。
★今後のご健闘を
末筆になりましたが、○○様の今後のご健闘を、心よりお祈り申し上げます。
★今後一層のご活躍を
ご応募頂きましたことを深謝いたしますとともに、今後一層のご活躍をお祈り申し上げます。
★今後のご健勝とご活躍を
○○様の今後のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。