助言や干渉の断り

相手からの仕事の依頼や、心遣いや気持ちに添えない場合に使う、断り・辞退メール。こちらでは、相手の気遣いをかわすメール例を紹介しています。

こちらのページでは、相手からの仕事の依頼や各種問い合わせ、心遣いや気持ちに添えない場合に使う、断り・辞退メール例文を紹介しています。
依頼や誘いを断るには勇気がいりますが、断ることで相手との関係がまずくならないように、言葉遣いには注意が必要です。
断りを伝える際には「ありがとうございます」などの感謝の言葉を書き記すことで、断りに対する印象を和らげます。
また、断りの理由は差し障りのないものでも構いませんが、断る意思表示はあいまいにせず、はっきりと相手側に伝えることが大切です。

助言や干渉の断りメール例文

スポンサーサイト

件名:○○の件へのご助言、ありがとうございます。

○○株式会社
営業部 ○○様

平素より、大変お世話になっております。
株式会社○○・営業の佐藤です。

この度は、○○の件でご助言いただきまして
誠にありがとうございます。
おかげさまで、○○の事業状況も
順調に推移しております。

○○様のご助言をもとに
スタッフともこれまで以上に連携を深め
日々対応しておりますので、
どうぞお気遣いなさいませんよう
お願いいたします。

これからも事業環境の整備に万全を期し、
販売エリア拡大に向けた営業活動を実施して参りますので
今後の展開に関しては当方にご一任いただければと存じます。

それでは
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
取り急ぎ、お礼かたがたご連絡まで。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト