日程確認への返答メール

取引先からの質問や問い合わせ、またトラブル報告などに対応する返答メール。ここでは、次回打ち合わせの日程を回答する際に送るメール返信例を紹介しています。

こちらのページでは、取引先からの問い合わせやトラブル報告、また異動連絡などがあった際に対応する、返答・回答メール例文を紹介しています。
社外への返答メールは、数値や順序を明らかにするほか、即答できない場合でもいつまでなら返答できるかを伝えることが大切です。
質問の内容によっては急を要するものもあるので、急ぐ場合は状況を確認し、対応策を具体的に明示する必要があります。
また、こちらの不手際や間接的な調整ミスなど相手側を困らせている場合は、「ご迷惑をお掛け致します」「恐れ入りますが」など、真摯に対応する姿勢をメール内容で表現しておきましょう。

日程確認への返答のメール例文

スポンサーサイト

件名:○○打ち合わせの日程について

○○株式会社
営業部 ○○様

平素はお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
株式会社○○・営業部の佐藤です。

先日はご来社いただきありがとうございました。
ご提案いただいた内容も具体案が豊富でわかりやすく
よりプラン実現に向け、
方向性が定まってきたのではないかと思います。

さて、次回打ち合わせの日程の件ですが、
ご指定いただきました
○月○日(○)○時にてお願いいたします。

尚、当日は、商品開発部の○○と伺いますので
ご対応のほど、よろしくお願いいたします。

メールにて恐縮ではございますが、
今後とも末永くお付き合いくださいますよう、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト