相手の間違いを確認

商品や入金、打ち合わせ日などの事実確認等に使える確認メール。こちらのページでは、取引相手の注文間違いを確認するメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、商品や入金、打ち合わせ日などの事実確認等に使える確認メール例文を紹介しています。
電話やメールでのやりとりで不明な点や不安な点があれば、すぐに相手に確認することで、誤解や思い違いなどを未然に防ぐことができます。
相手に確認してもらう際に、相手に労力をかけたり、時間を取らせてしまう場合には、恐縮している気持ちを伝えるために「〜していただけますでしょうか」など、少しでも印象を和らげるために疑問形の文章を利用し、丁寧な表現を心がけましょう。

相手の間違いを確認のメール例文

スポンサーサイト

件名:○○のご注文について

○○株式会社
販売部 ○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○・営業部の佐藤です。

本日、ご注文いただいた○○の納品日について
ご確認をお願いいたします。

○○様がご希望の○月○日となりますと
祝祭日に当たりますがよろしかったでしょうか。
これまでの納品日はすべて平日指定となっており
万一納品トラブル等が起きますと
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがありますので
ご連絡差し上げました。

恐れ入りますが、再度、納品日をご確認いただき、
注文の有無をご連絡いただければと存じます。
お手数をおかけしますが、
ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト