上司への検討打診

日程調整や業務依頼など、相手の意向を確かめるために使われる検討メール。こちらでは、上司に対して再考を即す検討伺いメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、打ち合わせ日程や業務依頼など、相手の意向を確かめるために使われる打診・検討メール例文を紹介しています。
打診メールでは、いきなり決定事項を知らせたり、一方的に自分の都合で物事を進めたりするのではなく、まず、相手の都合や状況を尋ねてから、次のステップに進むと双方が気持ちよく仕事を進めることができます。
日程などを打診する際は、2〜3の候補を提示し、相手が回答しやすいように明記します。
また「もし、よろしければ〜」などのフレーズを活用し、あくまでも先方の都合に合わせるという印象を与え、こちら側は調整可能だという意思を伝えることもポイントです。

上司への検討打診のメール例文

スポンサーサイト

件名:○○について再検討のお願い

○○部長

商品開発部の佐藤です。
取り急ぎ、用件のみ申し上げます。

昨日の会議の件ですが
部長のご指摘はごもっともと思うのですが
開発チーム全体で再度
○○についての協議できればと
考えております。

時間的制約があることは十分承知しておりますが、
開発チームのこれまでの仕事ぶりから見ても
もう一歩進んだ解決案が出てくるのではないかと思います。

今回の問題点が解決できれば
必ずやお客様を満足させるものが
提供できると確信しております。

チーム全体の士気にかかわることでもありますので
ぜひとも再度、ご検討くださいますよう
よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト