仕事の打診

打ち合わせ日程や仕事の依頼など、相手の意向を確かめるために使われる打診メール。ここでは、既存取引先への仕事の打診メール例を紹介しています。

こちらのページでは、打ち合わせ日程や仕事の依頼など、相手の意向を確かめるために使われる打診メール例文を紹介しています。
打診メールでは、いきなり決定事項を知らせたり、一方的に自分の都合で物事を進めたりするのではなく、まず、相手の都合や状況を尋ねてから、次のステップに進むと双方が気持ちよく仕事を進めることができます。
日程などを打診する際は、2〜3の候補を提示し、相手が回答しやすいように明記します。
また「もし、よろしければ〜」などのフレーズを活用し、あくまでも先方の都合に合わせるという印象を与え、こちら側は調整可能だという意思を伝えることもポイントです。

仕事の打診のメール例文

スポンサーサイト

件名:追加のご提案のお願い

○○株式会社
企画部 ○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○・営業部の佐藤です。

先日は、ご提案ありがとうございました。
部長以下、社内でも大変好評で、
別案件でもご提案お願いしたくご連絡差し上げました。

今回お願いしたいのは、
○○プロジェクトに関する実用案考察として
前回、少しだけお話させていただいた○○プロジェクトの
より具体的なWEB展開のご提案をお願いしたいのですが、
ご都合はいかがでしょうか。

一応の提出予定は、
○月○日(○)くらいを想定しておりますが
作業の進行状況に合わせ、日程は調整可能です。

もし、ご了承いただければ、追って詳細をお送りします。
ご回答をお知らせください。
まずは、メールにてお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト