来訪者への気遣い

相手に無理なことを強いてしまったり、気を使わせてしまった際に利用できる気遣いメール。こちらでは、来訪者に対する気遣いメール文例を紹介しています。

こちらのページでは、相手に無理なことを強いてしまったり、気を使わせてしまった際に利用できる気遣いメール例文を紹介しています。
少しでも相手の手間や時間をとったり、気を使わせてしまった時には、ひと言ねぎらいや感謝の気持ちを伝えるようにすると、先々のビジネス上のやりとりも円滑になります。
業務を通じて見たり、感じたりした相手の努力や尽力に光を当てたねぎらいや感謝の言葉をかけましょう。
相手に負担や労力がかかっている時ほど、その成果や結果を具体的にすめすことで、感謝といたわりの気持ちが伝わります。

来訪者への気遣いのメール例文

スポンサーサイト

件名:○月○日の打ち合わせの件

○○株式会社
営業部 ○○様

平素より、大変お世話になっております。
株式会社○○・営業部の佐藤です。

ご連絡いただきました打ち合わせの件、
○月○日(金)10時〜にて承りました。

本来弊社が訪問させていただくところ、
ご多忙にも関わらずご足労いただき、
誠に恐縮でございます。
弊社までの経路図を添付いたしますので、
ご確認ください。

それでは当日、
○○様のお越しをお待ちしております。
ご対応のほど、よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。