上司への心遣い2

相手に無理なことを強いてしまったり、気を使わせてしまった際に利用できる気遣いメール。こちらでは、上司への心遣いメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、相手に無理なことを強いてしまったり、気を使わせてしまった際に利用できる気遣いメール例文を紹介しています。
少しでも相手の手間や時間をとったり、気を使わせてしまった時には、ひと言ねぎらいや感謝の気持ちを伝えるようにすると、先々の社内の中でのやりとりも円滑になります。
業務を通じて見たり、感じたりした相手の努力や尽力に光を当てたねぎらいや感謝の言葉をかけましょう。
相手に負担や労力がかかっている時ほど、その成果や結果を具体的にすめすことで、感謝といたわりの気持ちが伝わります。

上司への心遣い(2)のメール例文

スポンサーサイト

件名:昨日はお疲れ様でした。

○○部長

おはようございます。
営業部の佐藤です。

昨日はイベント準備に遅くまでお付き合いくださり
大変ありがとうございました。

明日の最終セッティングは
細かい部分の調整で済みそうなので
当方におまかせいただければと思います。

開催まで残りわずかとなりましたが
お気づきになった点等あれば、
お知らせいただければ幸いです。

今後ともご指導、ご助言をいただきますよう
よろしくお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。