お願いへのお詫び

ビジネスシーンで起りがちな確認ミスや手配ミスなど様々な場面で使えるお詫びメール。ここでは、頼まれたチケットが入手できない事を謝罪する「お願いへのお詫びメール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、日頃ビジネスシーンで起りがちな注文ミスや請求遅れ、また納期やクレーム対応など様々な場面で使える、社外向けお詫びメール例文を紹介しています。
ややもすると、謝罪メールでは、お詫びする側の責任回避や対応の悪さでトラブル事例が多いケースですが、こちらに非がある場合は、迅速に謝罪・お詫びの言葉をお送りする必要があります。
また、直接的にこちらに落ち度がない場合でも、まずは状況を確認し、そうしたことが起ってしまった原因と今後の対応を適切に回答し、同じ過ちやミスを繰り返さないはっきりと意思表示しましょう。

お願いへのお詫びのメール例文

スポンサーサイト

件名:○○のチケットについて

○○株式会社
営業部 ○○様

いつも大変お世話になっております。
○○株式会社の佐藤です。

先日○○様からご相談いただいた、
○○のチケットの件ですが、
私の知り合いに早速聞いてみたところ
関係者でもチケットが手に入らないほど人気が高く
残念ながらご期待に添いかねることとなってしまいました。

いつもお世話になってばかりで、
なんとかお役にたちたかったのですが、
お力になれず申し訳ございません。

また別件でご用がございましたら、
お気軽にお声をおかかえください。

取り急ぎお詫びとご連絡を申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト