上司検討依頼

社内での日々の仕事の依頼や、先輩や同僚に打合せ日時変更などの連絡に使える、「社内向け打診・検討メール」。ここでは、自分の上司に業者選定の検討をお願いする「上司検討依頼メール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、打ち合わせ日程の変更や業務における相談検討など、上司の意向を確かめるために使える社内向け打診・検討メール例文を紹介しています。
社内における打診・検討メールでは、いきなり決定事項を知らせたり、一方的に自分の都合で物事を進めたりするのではなく、上司や先輩の都合や状況を尋ねながら、次のステップに進む旨を伝えるようにしましょう。
打ち合わせ日程などを打診する際も、2〜3の候補を提示し、相手が回答しやすいように明記します。
また「もし、よろしければ〜」などのフレーズを活用し、あくまでも上司の都合に合わせるという印象を与え、こちら側は調整可能だという意思を伝えることもポイントです。

上司検討依頼メール例文

スポンサーサイト

件名:新規業者開拓について

○○営業部長

おつかれさまです、佐藤です。

先日お話させて頂いた業者開拓の件ですが
最終的に○○社と○○社に候補を絞り
再度ヒアリングを重ねた結果、
今回は○○社に依頼したいと考えております。

コスト面では○○社が優れておりますが、
大口案件のこれまでの実績や
サポート体制を考慮し
○○社が適正と判断しました。
詳しくは添付資料をご覧ください。

ご了承いただければ
詳細を詰め、正式発注する運びとなります。

お忙しい中恐縮ですが
ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト