支払いの催促2

納品手違いなど相手のミスや行き違いが発生した時に送る「抗議・催促メール」。ここでは、取引先からの支払い遅延に対して抗議する「入金催促メール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、取引先からの支払いや納品などの遅延や、行き違いが発生した時に使える抗議・催促メール例文を紹介しています。
ビジネスシーンで言い出しにくい抗議や催促は、最初から決めつけや責め口調にならないように、段階を追って確認しながら進めることがポイントです。
送金確認や納品ミス、納期遅延などの場合にも最初から相手の不手際だと決めつけてしまうと、相手を不愉快にさせるだけでなく、後々の取引にも影響を及ぼしかねません。
相手を責める前に、現状説明から順に確認作業をお願いし、相手に気づかせるような文面を心がけましょう。

支払いの催促メール例文

スポンサーサイト

件名:「○○」の代金お支払いについて

株式会社○○
総務部 ○○様

平素は格別のお引き立てを賜り、
厚くお礼申し上げます。
株式会社○○の佐藤でございます。

さて、○月○日に納品いたしました「○○」の代金が
本日時点で、未だご入金の確認ができておりません。

何かのお手違いかとは存じますが、
請求書に明記いたしました期日を2週間過ぎております。
至急、ご確認いただき、
早急にお支払いくださいますよう
お願い申し上げます。

なお、行き違いでご送金いただいておりました場合には、
なにとぞご容赦ください。

取り急ぎ、ご連絡まで。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト