会社欠勤

体調不良で仕事を欠勤する際、上司にメールで休みの連絡をする場合があります。ここでは、急な体調不良や仮病で会社を休む時に使える「会社欠勤メール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、急な頭痛や腹痛などの体調不良による欠勤や、仮病等で会社を休みたい時に使う、社内向けの休暇連絡メール例文を紹介しています。
急な体調不良で会社を休む際、上司や同僚には連絡しづらいもの。ましてや仮病を使って休むとなると、なおさら連絡するのが億劫になりがちです。
休むことで社内でトラブルが生じないよう、最低限事前にメール伝達し、欠勤期間も業務が円滑に進むよう、節度ある対応をとるように心がけましょう。
また、休業中の業務対応や部署内サポート体制、緊急連絡先なども併せて知らせておくと親切です。体調不良で欠勤が長引く場合は、随時状況確認や報告を受け、情報の共有を図っておきましょう。

会社欠勤メール例文

スポンサーサイト

件名:体調不良により欠勤いたします:佐藤

営業部
○○ 係長

おはようございます、佐藤です。

急な連絡で申し訳ありませんが、
本日体調不良により
本日欠勤いたします。

昨日より体が重かったのですが
夜にになって悪化してきたようで
出社が難しい状態です。
少し落ち着いたら、病院で診てもらう予定です。

本日予定の業務引き継ぎに関しては
後ほど○○さんに伝達する予定です。

私事でご迷惑をお掛けしますが
よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト