取引先からの仕事断り

急な仕事の依頼や無理な値引き要求を断りたい時に使う、社外向け「断りビジネスメール」。ここでは、クライアントからの仕事の依頼を断る「取引先からの仕事断りメール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、取引先からの急な仕事の依頼や無理な要求、値引き交渉を断りたい時に使う、社外向けの断りビジネスメール例文を紹介しています。
普段付き合いのあるクライアントからの仕事の依頼や要望を断るには勇気がいりますが、断ることで相手との関係が気まずくならないように、断りメールの内容には注意が必要です。
取引先に断りを伝える際には「ありがとうございます」などの感謝の言葉を書き記すことで、断りに対する印象を多少和らげるようにしましょう。
また、断りの理由は差し障りのないものでも構いませんが、それ以上相手が要求をしてこないよう、はっきりと断る意思表示を相手側に伝えることが大切です。

取引先からの仕事断りメール例文

スポンサーサイト

件名:新規案件ご依頼の件

◯◯株式会社
営業部 ○○様

日頃は、大変お世話になっております。
株式会社○○・販促営業部の佐藤です。

この度は新規案件の件
お声を掛けていただきありがとうございます。

早速、検討させていただきましたが、
残念ながらご指定条件でお引き受けすることが難しく
お断りせざるを得ない状況です。

依頼をいただきながら何のお役に立てず
大変申し訳ございません。
事情御賢察のうえ御了承くださいますよう
お願い申し上げます。

今後機会がありましたら、
ぜひご協力させていただきたく思います。

メールにて恐縮ですが、
お詫びかたがたお返事申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト