仮病で会社を休む時の理由

社会人になると誰でも仕事を休みたい、会社に行きたくないなんて思う時はあるもの。ここでは、そんな憂鬱な時に使える「仮病で会社を休む時に使える理由」を紹介しています。
社会人ともなれば、与えられた仕事をこなすため、毎日きちんと出勤することは当たり前のことです。
しかし、時には「今日はどうしても仕事に行きたくない」「仕事以外にやらなければならないことがある」なんてこともあるのではないでしょうか。

事前にきちんと申請して有給休暇をとるのがベストですが、緊急時には仮病を使って会社を休むという禁じ手もあります。
どんな言い訳を理由にすれば、上司や同僚にバレにくいのでしょうか。
メールや電話など、オススメの連絡方法についても詳しく紹介していきます。

スポンサーサイト

仮病で休む際は症状がわかりにくいものを

今日は会社を休みたい!と思った時に、多くの人が考えるのが「仮病」です。
体調不良の中、無理をしてでも会社に来い!という上司は少ないはず。
多くの場合は「それなら仕方がない。今日は一日ゆっくりと休んでください」となることでしょう。

しかし、この時使う「仮病」は、何でも良いわけではありません。
周囲にバレずに仮病を使うためには、伝える「理由」にもこだわるのがオススメです。
会社を休む理由として、バレにくい仮病の特徴は以下の4つです。

一日休めば体調が回復する病気であること
周囲からは、その症状がわかりにくいこと
欠勤連絡をする時に、演技を極力必要としないこと
外に出られる状態ではないことが、伝わりやすいこと

仮病を使う際に、もっとも定番だと思われるのが「風邪」ですが、こちらは非常に抽象的な病です。
「なんとなく風邪っぽい」というだけでは、会社を休むほどの理由にはなり得ません。
一方で、非常に重症化した風邪を装えば、欠勤連絡をする時だけではなく、次の日以降も体調がすぐれない演技を続ける必要があるでしょう。
何らかのきっかけで、「仮病だろう」とバレてしまうリスクも高いのです。
以上を踏まえ、バレにくい仮病理由を挙げてみました。

頭痛のため…
腹痛のため…
吐き気があるため…
原因不明の発熱のため…
歯痛のため…
めまいのため…
ギックリ腰で動けないため…

これらの病気は、自己申告だけで成立させることが可能です。
他人からわかるような目立った症状もありませんから、周囲に伝える時に演技力も必要としません。

さらに、疲れやストレスが引き金となって起きる可能性もある病気ばかりですから、誰がいつ、こんな症状に悩まされてもおかしくはないのです。
もちろん、一日ゆっくりと休んだり、クリニックで適切な処置を受けたりすることで、短期回復も可能。
「昨日はご迷惑をおかけしました!」と出社する朝も、特別な演技をする必要はありません。

スポンサーサイト

仮病で会社を休む時は「丁寧さ」と「簡潔さ」がコツ

仮病で会社を休む時には、周囲にできるだけ迷惑をかけないよう、配慮する必要があります。
もちろん、会社に連絡を入れない無断欠勤は社会人としてNG行為です。
朝一番で、とりあえずメールを入れておきましょう。

この時に伝えたい内容は、以下のとおりです。

体調がすぐれないため、欠勤すること
出勤する時間帯に、改めて電話で連絡すること

突然の欠勤連絡を、メールだけで済ますのはあまりオススメできません。
かといって、出勤時間を待っていると、連絡が遅れてしまう可能性もあります。
とりあえずメールで先行連絡をして、その上で電話連絡をしましょう。

あらかじめメールで連絡をしておくことで、必要なチェック事項をまとめておくことができます。
その後改めて電話をして、今日一日の業務に関する情報を引き継いでおきましょう。
もちろん「突然休むことに対して、申し訳なく思っていること」や「欠勤しなければならない理由」も、改めて言葉で伝えましょう。

理由は語り過ぎないのがコツ

仮病を使って会社を休む時には、理由について、つい詳しく説明したくなるもの。
しかし、理由について多くを語れば語るほど、「嘘がバレやすくなる」ということを頭に入れておきましょう。
理由は簡潔に「頭痛がひどく、仕事ができる状態ではありません」と伝えればOKです。

本当に体調がすぐれない時に、「あれもこれも」と語りたがる方は少ないでしょう。
もし、受け手の方で追加の情報が必要なのであれば、何かしら質問をしてくるはず。
何かを聞かれたら、真摯に答えれば大丈夫です。

不自然なほど演技をする必要はありませんが、あまりにも元気な声で欠勤連絡をするのもオススメできません。
ごくナチュラルに、疑われない範囲で「今日は会社に行けない」ことをアピールしましょう。

バレないためには外出は厳禁

無事に仮病で休めることが決まったからといって、自由に出歩くのはオススメできません。
いつ誰がどこで見ているかわかりませんから、自宅でゆっくりと過ごすのが基本です。

また、「仮病を使ってまで会社を休みたい」と思ってしまう裏には、きっと何か原因があるはずです。

仕事内容が合わない
周囲の人間関係がうまくいっていない
過酷な労働環境の中で疲れがたまっている

せっかく時間に余裕があるのですから、こうした原因にまで目を向けてみましょう。
必要があれば「転職」まで視野に入れることで、「仮病を使って仕事を休まなくても良い生活」を手に入れられるのかもしれません。

仮病の言い訳はほどほどに

今回紹介してきた仮病で使える言い訳は、バレにくい理由として大いに実用できるはずです。
しかし、仮病を使ったことで、仕事に影響が出てしまっては本末転倒です。
今後のことを考え、少しずつ休みグセを改善し、前向きに自分を高める方法にもぜひ取り組んでみてください。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト