来社お礼

取引先などから食事をご馳走になったり、打ち合わせなどでご来社いただいた際に使える「お礼メール」。ここでは、来訪へのお礼を伝える「来社お礼メール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、取引先などから食事をご馳走になったり、打ち合わせなどでご来社いただいた際に使える、社外向けお礼メール例文を紹介しています。
本来であれば、電話やお手紙で気持ちを伝えるのがマナーですが、スピードが求められるビジネスの世界においては、余程フォーマルなお付き合いでない限り、間を空けずにメールでお礼の気持ちをお伝えしても差し支えありません。
メールでお礼の気持ちを伝える際は、自分の言葉を付け加えたものを3日以内に送信し、感謝の気持ちが少しでも早く伝わる努力を怠らないようにしましょう。
簡単な文章でも、相手に対して早めに感謝や敬意を示しておくことで、その後の関係性をスムーズなものにし、誠意も伝わりやすくなります。

来社お礼メール例文

スポンサーサイト

件名:ご来社ありがとうございました。

○○株式会社
販売部 ○○様

平素より、大変お世話になっております。
○○株式会社の営業部・佐藤です。

本日はご来社いただき
ありがとうございました。

素晴らしいご提案をいただき、
感謝いたします。

ご提案いただいた内容につきましては、
来週開かれる営業会議内で検討する予定です。
また、改めてこちらからご連絡いたします。

ご対応いただき誠にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト