体調不良

頭痛や腹痛などの体調不良が理由で休むことを上司や社内に知らせる休みメール。こちらのページでは、急に仕事を休む時に送る「体調不良メール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、頭痛や腹痛などの体調不良による休暇や、個人的な理由で有給休暇を取得したことを社内関係者に知らせる有給休暇メール例文を紹介しています。
体調不良で急に会社を休む際は、なかなか上司や同僚に連絡しづらいものですが、同僚等に知らせずに休んでしまうと、後々思わぬトラブルを引き起こす場合があります。
後で問題が生じないよう、実務面で支障がないことを事前にメールで伝達し、社内とはいえ休み中も業務が円滑に進むよう、節度ある対応をとることが大切です。
また、休業中の業務対応や部署内サポート体制、緊急連絡先なども併せて知らせておくと親切です。休暇をまたぐ継続案件等がある場合は、休み明けに改めて状況報告や確認を行い、情報の共有を図っておきましょう。

体調不良メール例文

スポンサーサイト

件名:体調不良のためお休みをいただきます:佐藤

営業部
○○ 課長

おはようございます、佐藤です。

昨晩から発熱による体調不良で体が重く
今朝になっても改善されていないため
急で申し訳ありませんが、
本日は休ませていただきます。

現在携わっている業務に支障がないよう、
後ほど◯◯さんには別途メールするつもりです。
急な用件があれば、
メールや携帯電話で対応できればと考えております。  

ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんが、
よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト