部下の不手際へのお詫び

日頃ビジネスで起りがちな納品ミスやクレーム対応場面で使えるお詫びメール。ここでは、部下がしたミスへのお詫びメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、日頃ビジネスで起りがちな納品ミスや検品ミス、また納期やクレーム対応など様々な場面で使えるお詫びメール例文を紹介しています。
ややもすると、お詫びする側の責任回避や対応の悪さでトラブル事例が多いケースですが、こちらに非がある場合は、迅速に謝罪・お詫びの言葉をお送りする必要があります。
また、直接的にこちらに落ち度がない場合でも、まずは状況を確認し、そうしたことが起ってしまった原因と今後の対応を適切に回答し、同じ過ちやミスを繰り返さないはっきりと意思表示しましょう。

部下の不手際へのお詫びのメール例文

スポンサーサイト

件名:弊社社員の不手際へのお詫び

○○様

○○株式会社・販売部の佐藤でございます。
先ほどお電話させていただきましたがお留守のようでしたので、
取り急ぎメールにてご連絡させていただきます。

昨日、○○売り場にて弊社の販売部員○○が○○様に対して、
大変失礼な態度をとり、非常識な発言があったとのこと、
心よりお詫び申し上げます。

すぐに○○に詳細な報告をさせましたところ、
誠にこちらの不徳のいたすところであり、
上司として責任を痛感いたしております。

○○には私からも厳しく注意いたしました。
また、このようなことを二度と繰り返さないと
本人も深く反省いたしております。
どうかお許しの程、よろしくお願い申し上げます。

今後はこのような不始末のないよう、
社員教育を周知徹底して参る所在でございます。
これからも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう
重ねてお願い申し上げます。

後日、改めてお詫びに伺いたいと存じますが、
まずは取り急ぎお詫び申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト