失態へのお詫び

検品ミスや手配ミスなどのクレーム対応等、様々な場面で使えるお詫びメール。ここでは、自分の失態に対するお詫びのメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、日頃ビジネスで起りがちな納品ミスや検品ミス、また納期やクレーム対応など様々な場面で使えるお詫びメール例文を紹介しています。
ややもすると、お詫びする側の責任回避や対応の悪さでトラブル事例が多いケースですが、こちらに非がある場合は、迅速に謝罪・お詫びの言葉をお送りする必要があります。
また、直接的にこちらに落ち度がない場合でも、まずは状況を確認し、そうしたことが起ってしまった原因と今後の対応を適切に回答し、同じ過ちやミスを繰り返さないはっきりと意思表示しましょう。

失態へのお詫びのメール例文

スポンサーサイト

件名:本日はご迷惑をお掛けいたしました

○○株式会社
企画部 ○○様

平素より格別のお引き立てありがとうございます。
○○株式会社の佐藤です。

昨日は、私の自覚が足りないばかりに
大変長い間お待たせしてしまい、
本当に申し訳ございませんでした。

早めの行動を心がけていれば
防げたものだったと反省するとともに、
社会人としての意識の低さを痛感いたしております。
今後は、このようなことが二度とないよう、
自らを戒め、仕事に精進して参る所在です。

今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう、
切にお願い申し上げます。

メールにて恐縮ですが、
この度は、誠に申し訳ございませんでした。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト