依頼の断りの承諾

取引先からの依頼や申し入れ、改善要求などを受け入れる時に送る「承諾メール例文」。ここでは、こちらからの依頼が断りを受けた際に送る「承諾メール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、相手の依頼や申し入れ、また改善要求や意見を受け入れる時に送る承諾メール例文を紹介しています。
依頼や申し入れへの了承には、まず感謝の気持ちを伝え、丁寧な表現と前向きな気持ちで承諾の返事をしましょう。
依頼された側である場合、どうしても相手より立場が上だと思いがちですが、今後のやりとりも含め謙虚な姿勢で対応することを心がけましょう。
また、承諾メールでは確認の意味も含め、依頼された内容にある対象や環境について触れ、どのような方針で対応するかを伝えておきましょう。

依頼の断りの承諾のメール例文

スポンサーサイト

件名:ご講演の依頼の件

○○先生

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○の佐藤でございます。

ご丁寧なお返事をいただき、誠にありがとうございました。
日程調整が難しいとのこと、確かに承りました。

弊社としましても、
早い段階からご依頼できればよかったのですが、
社内で結論が出るまでに時間がかかってしまい、
申し訳ございません。

また、次の機会にもぜひ、
お声をかけさせていただきたく存じます。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。