上司への感謝メール

飲食をご馳走になったり、仕事のトラブルでお世話になった際に送る「お礼メール」。ここでは、助けてもらった上司への感謝を伝える「上司への感謝メール」を紹介しています。

こちらのページでは、上司などから飲食をご馳走になったり、仕事上のトラブルや仕事の相談などでお世話になった場合のお礼メールの文例を紹介しています。
社内向けのお礼メールの内容は、誘っていただいたお礼の気持ちや助けていただいたことへの感謝の気持ち、助言に対する感謝の意を、自分の言葉で工夫して表現し、これからも力添えや助言をお願いしたいことを伝えます。
メールで気持ちを伝える際は、自分の言葉を付け加えたものを翌日には送信し、高まっている感謝の気持ちが少しでも早く伝わる努力を怠らないようにしましょう。
ビジネスシーンでは、社内外でスピードが求められます。怠りがちな社内へのお礼・感謝メールは自分を助けるためにも積極的に活用していきましょう。

上司への感謝メール例文

スポンサーサイト

件名:本日はありがとうございました。

販促企画部
○○ 部長

おつかれさまです。
営業1課の佐藤です。

本日は、○○の件、
早速ご対応いただきありがとうございました。
先方には先ほど資料をまとめたものを送付し
おかげさまでお褒めの言葉をいただきました。

希望した資料以外にも
関連資料を揃えていただき、とても助かりました。
お心遣いをいただきありがとうございます。
今後とも、引き続きのご指導
よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト