社内会議報告

社内各部署や上司に対し、業務進捗報告や営業会議報告等に使える「報告・連絡メール」。こちらでは、社内会議の内容を伝える「社内会議報告メール」例文を紹介しています。

こちらのページでは、社内各部署や上司に対し、業務進捗報告や営業会議報告、各種お知らせ等に使える、報告・連絡メール例文を紹介しています。
社内向けの報告・連絡メールでは、現在の状況・今後の対応策を簡潔にまとめて知らせることが大切です。紹介や質問に対しても、結果報告を忘れずにすることで情報の共有を図ります。
また、報告・連絡の基本は結論から先に記載し、伝えたいことをわかりやすく記載していきます。
その際、「〜だと思われます」などの不安を助長する曖昧な表現はできるだけ避け、現在までにわかりえる明確な報告・連絡を心がけましょう。
5W2H(いつ・どこで・誰と・何を・なぜ・どのように・いくらで)を意識しながら、要点を絞って伝えることがポイントです。

社内会議報告メール例文

スポンサーサイト

件名:○月○日営業会議の報告

関係者各位

おつかれさまです。
営業1課の佐藤です。

標記の件につきまして、以下に報告いたします。

・議 題:業務プロセスの改善
・日 時:○月○日(○)
・場 所:本社8F・第2会議室
・参加者:○○営業部長、○○販売部長、○○生産部長ほか、関連部署から8名
・目 的:煩雑化している各セクション間の業務手順の見直しを図る

〈決定事項〉
・次回会議までに各部署内で本議題を担当する専門委員を2名指名する。
・所属部長および専門委員を構成メンバーとする会議を毎月末実施する。
・専門委員を中心に部署内で意見・改善案を収集する。
・集めた意見を精査し、改善策に優先順位を設けて、来年度より告知・実施へと移す。

以上、よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト