資料送付の依頼

カタログ請求や商品サンプルの請求時の使える「依頼メール」。こちらでは、資料送付をお願いする時に送る「資料送付の依頼メール」例文を紹介しています。

こちらのページでは、取引先や新規取引相手に対し、カタログや資料請求、商品サンプル等を依頼する時に使える資料送付の依頼メール例文を紹介しています。
依頼を通しやすくするには、こちら側のお願いする姿勢が非常に大切です。自分の都合より取引先の都合を優先させ、言葉を選んだ丁寧な対応を心がけましょう。
また、依頼のメールでは「〜していただけないでしょうか」と問いかけ型のフレーズを利用することで、印象も和らぎ、依頼されている抵抗感を軽減させてくれます。「〜してください」といった命令調では、相手側の印象も悪く、自社都合と思われがちなので注意が必要です。
カタログ請求・資料請求・商品サンプル請求等は、無料で送っていただけるケースがほとんどなので、相手に手間をとらせることについて恐縮している気持ちを持ってメールを送りましょう。

資料送付の依頼のメール例文

スポンサーサイト

件名:カタログ送付のお願い

突然のメールにて失礼いたします。
株式会社○○の営業部・佐藤と申します。

さて、今回メールを差し上げたのは、
先日、○○経済新聞にて掲載されておりました
御社の新商品○○シリーズの
製品資料をお送りいただけないかと思い
ご連絡させていただいた次第です。

御社製品は当社お客様からも
以前よりお問い合わせをいただいており
新シリーズにも高い関心を示しております。

今後の業務進捗にもよりますが
御社製品をお取り扱いできればと
考えております。

突然のお願いで恐縮ですが、
ご対応のほど、
よろしくお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト