社内訃報返信

上司や同僚等、社員の身内の訃報時に使う「社内向けお悔やみメール」。ここでは、上司の親族が亡くなられた際に送る「社内訃報返信メール」例文を紹介しています。

こちらのページでは、社内の上司や同僚ほか、社員の親族等の訃報に際し、通夜や葬儀に参列できない時や、訃報に対して返信する時に使えるお悔やみメール例文を紹介しています。
一般的にお悔やみの挨拶は、メールで送るものではありません。しかし、後からメールで知らせを聞いたときや、事情があって参列できない時などは、取り急ぎメールでお悔やみの気持ちを述べても失礼にあたりません。
お悔やみメールを送る際は、お亡くなりになった事情には深入りせず、お悔やみの気持ちや相手の体調をいたわる文言を入れて簡潔に伝えるのがベターです。
上司・部下・関係各位それぞれの立場で、ご遺族の心情を気づかって送ることを心がけましょう。

社内訃報返信メール例文

スポンサーサイト

件名:お悔やみ申し上げます【営業部:佐藤】

○○ 部長

お疲れさまです。
営業一課の佐藤です。

このたびはお身内にご不幸があったと伺い、
突然の訃報に大変驚いております。
心よりお悔やみ申し上げます。

心身ともにおつらい時期かと存じますが、
お体を損なわれることのないよう、
どうぞご無理をなさらずにご自愛ください。

私たちでお手伝いすることがありましたら
いつでもご連絡ください。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト