担当者変更の依頼

相手に打ち合わせ日時の変更や発注内容の修正等の時の使える依頼メール。ここでは、担当者変更を希望する際に送る依頼メール例文を紹介しています。

こちらのページでは、相手に打ち合わせ日時の変更や発注内容の修正、見積りや資料等をお願いする時に使える依頼・お願いビジネスメールの例文を紹介しています。
依頼を通しやすくするには、こちら側のお願いする姿勢が非常に大切です。自分の都合より取引先の都合を優先させ、言葉を選んだ丁寧な対応を心がけましょう。
また、依頼のメールでは「〜していただけないでしょうか」と問いかけ型のフレーズを利用することで、印象も和らぎ、依頼されている抵抗感を軽減させてくれます。「〜してください」といった命令調では、相手側の印象も悪く、自社都合と思われがちなので注意が必要です。

担当者変更の依頼のメール例文

スポンサーサイト

件名:担当者に関するご相談

○○株式会社
営業部長 ○○様

いつも大変お世話になっております。
○○株式会社の佐藤です。

本日は担当の方のご変更をお願いできないかと思い、
ご連絡いたしました。

現在、弊社をご担当いただいている○○様は、
非常に熱意があり、礼儀正しい方でいらっしゃいますが、
ご提案いただく内容が、弊社の求める展開と相違しており、
その差が埋まりそうにありません。

なかなかお互いの方向性が見えてこないため、
今後の事業展開に遅れが生じないか、
不安に感じております。
こちらの都合で誠に申し訳ありませんが、
もしよろしければ、別の方にご担当いただければと
考えた次第です。

勝手を申し上げて恐縮ではございますが、
ご理解を賜りたく、
ご検討よろしくお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト